シズカゲル 肝斑

シズカゲルは肝斑にも有効なの?

シズカゲルは肝斑にも有効なの?

 

ここでは、シズカゲルの肝斑への効果について、まとめていきます。

 

⇒すぐにシズカゲルの詳細を見る

 

 

シズカゲルは肝斑に対しても有効か?

 

シズカゲルの成分を確認すると、肝斑の対策というより肝斑を予防する為に外側からスキンケアをすることができる美白化粧品だと言えるでしょう。

 

シズカゲルには美白成分が含まれていますが、肝斑に対して効果が期待できるハイドロキノンは含まれていません。

 

ハイドロキノンは顔面の漂白剤とも呼ばれている美白成分ですが、刺激が強いのが欠点と言えます。

 

ですので、肌が弱い人がハイドロキノンを配合した化粧品を使用すると、肌トラブルを起こすリスクがあるので、あまりお勧めすることは出来ません。

 

シズカゲルは既に発症してしまった肝斑にはあまり効果が期待できませんが、メラニンの生成を抑制して、シミ、ソバカスを予防するオールインワンとしての効果が期待できます

 

その他にも、肝斑は紫外線対策も行う必要がありますので、きちんと紫外線対策をすることが大切です。

 

日焼け止め対策としては、日焼け止めクリームを塗ったり、日焼け止めサプリメントを摂取するといいでしょう。

 

その他にも、帽子を被ったり日傘を使用して紫外線を浴びることを防ぐ方法も有効と言えます。

 

そもそも肝斑とは?

 

シミと同じく悩んでいる人が多いのが肝斑と言えます。

 

肝斑というのは左右対称に出来るシミのことで、頬、目の下に多く集中して見られるのが特徴と言えます。

 

そして一般的なシミとは違って少々厄介です。

 

その理由は、シミは紫外線の影響により出来るので、日焼け対策をすれば予防、改善することが出来ます。

 

それに対して肝斑というのは、ホルモンバランスの影響により出来てしまいます。

 

ですので、対策がしにくく、日常的にストレスを感じていたり、ピルを飲んでいる人は肝斑が出来やすいと分かっています。

 

また肝斑は30代〜40代の女性に発症する人が多いと言えます。

 

肝斑かどうか確認する方法

 

・30代から40代の時期にいきなりシミが発症した

 

・頬骨に沿い両側に左右対称にシミが出来た

 

・紫外線対策を行いビタミンを摂取しても改善されない

 

・ストレスに晒されている

 

これらの点に該当する点が多い人は、シミではなく肝斑の可能性が高いと言えます。

 

肝斑の改善方法は?

 

通常、肝斑を改善する為の治療方法としては、トラネキサム酸を配合した内服薬が使用されます。

 

その理由はトラネキサム酸、ビタミンCの内服薬が、肝斑に一番効果があると判明しているからです。

 

さらに、外からのケアとして、ハイドロキノンを配合した化粧品、もしくはクリームを塗ってケアするのも有効とされています。

 

シズカゲルの公式サイトの確認を。

 

いかがでしょうか。

 

シズカゲルは肝斑の予防にも一定の好影響をもたらしてくれるでしょう。

 

今なら公式サイトで返金保証付きでお試しできますので、一度ご覧になってみてくださいね。

 

⇒シズカゲルの詳細はコチラ

 

.