シズカゲル 成分

シズカゲルの成分@

シズカゲルの成分@

 

オールインワンのシズカゲルにはどんな成分が入っているのでしょうか?

 

またどんな効果があるのでしょうか?

 

下記に詳しくまとめてみました。

 

⇒すぐにシズカゲルの詳細を見る

 

 

シズカゲルの成分について:その1

 

シズカゲルの独自成分

 

フラバンジェノール

 

日本皮膚科学会雑誌などに採り上げられている注目の成分です。

 

シズカゲルの有効成分

 

アルブチン

 

言わずと知れた美白成分です。

 

その他のシズカゲルの成分

 

カンゾウフラボノイド

 

漢方でも有名な甘草の根から抽出された、油溶性の美白成分の1つです。

 

シミの原因となるチロシナーゼという酵素の活性作用を抑制します。

 

そのため紫外線による色素沈着の抑制効果があります。

 

また、ヒアルロン酸の分解を防ぎ、活性化させる効果もあります。

 

強い抗菌、抗酸化作用、メラニン抑制効果を持つ、天然成分の中でもトップレベルの美白成分です。

 

しわ予防、にきび予防など、また抗炎症作用を持ちます。

 

スクワラン

 

サメ類の肝油から抽出されるスクワレンという不飽和脂肪酸に、水素を付与することで出来る成分です。

 

スクワレンは元々、人の肌にも存在しています。

 

潤いを保つ働きがあり、汗によりスクワレンが水素還元することで皮脂膜を作ります。

 

スクワレンは体内中の水分でも水素還元されるので、スクワランは人の持っている自然の保湿成分と同様の物質と言えます。

 

それにより肌との親和性が極めて高く、安全な保湿成分として利用されています。

 

オリブ油

 

日焼け後の炎症防止、やけど・かぶれの肌を保護するための医薬品です。

 

肌の保湿効果もあり、最近ではスキンケアにも利用されています。

 

天然成分なので肌への負担がかからず、主にクレンジング剤代わりに使用されています。

 

お肌に優しくなじませたらコットンなどでふき取り、洗います。

 

肌をコーティングする機能があり、お肌が滑らかになります。

 

1,2-ペンタンジオール

 

合成の多価アルコールで、保湿作用と低濃度での抗菌作用が知られています。

 

効果は高い保湿性にあります。

 

肌や毛髪からの水分蒸発を防ぎ、乾燥から守ります。

 

スキンケア商品に配合されることが多いです。

 

化粧品の品質保持ため配合される場合もあります。

 

エチルアスコルビン酸

 

ビタミンC誘導体の一種です。

 

安定性が高く皮膚に浸透しやすい成分です。

 

そのため美白効果を効率よく作用させます。

 

肌にとって嬉しい作用がたくさんあります。

 

1,3-ブチレングリコール

 

やや粘度のある透明な液体です。

 

うるおいを与える力とまた別に、商品の防腐の力を持つ保湿成分です。

 

低刺激で適度な保潤性と抗菌作用を持ち、敏感肌向けの化粧品に配合されています。

 

多価アルコールの一種で保水性があるので、保湿剤として使用されます。

 

防腐剤と合わせることにより、品質保持に使用されます。

 

グリセリンのようなべたつきが少ないのが特徴です。

 

公式サイトでも成分の確認を。

 

いかがだったでしょうか。

 

シズカゲルの公式サイトでも成分の確認ができますので、一度ご覧になってみてくださいね。

 

⇒シズカゲルの詳細はコチラ

 

.