シズカゲル 成分

シズカゲルの成分A

シズカゲルの成分A

 

引き続き、シズカゲルの配合成分について、まとめていきます。

 

⇒すぐにシズカゲルの詳細を見る

 

 

シズカゲルの成分について:その2

 

ユキノシタエキス

 

活性酵素の発生を防ぐ効果を持ち、アンチエイジング効果を促進します。

 

紫外線によって生成される過酸化脂質酸を抑制します。

 

さらに壊れたDNAの修復促進作用の効果も確認されています。

 

その他、様々な美容成分が含まれており、多くの美白化粧品に使用されています。

 

他には消炎・抗菌作用があり、肌荒れやニキビ予防に対しても効果があります。

 

マロニエエキス

 

サポニンやフラボノイドという成分が含まれており、血の巡りを改善する働きを促します。

 

血行促進はお肌の再生に繋がり、美肌効果を生みだします。

 

他には浮腫みや引締めに効果があり、マッサージでも用いられています。

 

またマロニエエキスは血行促進だけでなく、収れん作用効果もあります。

 

肌の中の水分蒸発を防ぎ、乾燥肌を保護します。

 

また紫外線吸収作用で日焼け止めなどに、さらに抗酸化作用を利用して髪の毛のケア製品にも利用されています。

 

紫外線によるアンチエイジング効果も評価されています。

 

水素添加大豆リン脂質

 

大豆から得たリン脂質に水素を加えて還元し、分子構造的に安定させた天然由来の界面活性剤です。

 

そのため乳化剤などに用いられており、皮膚からの水分蒸発を防止することで、うるおいを保持し、皮膚を柔らかくする作用があります。

 

肌に蓋をして水分を保持するため、同時に肌の栄養分も保持することができます。

 

さらにバリア効果も期待でき、表皮角質層下のバリアゾーンの回復に作用されると言われています。

 

表皮の角質層を常に正常な状態に保ち、肌を回復させる効果も期待できます。

 

アルギン酸ナトリウム

 

食物繊維の一種で、ワカメなどの海藻から得られる天然保湿成分です。

 

海藻のヌルヌルとした粘り気がこの成分で、ローションなどの粘度を調整します。

 

高い汚れを吸着する作用や、肌の新陳代謝を高める効果から、洗顔料としても不可欠です。

 

また、マッサージクリームにも使用され、その粘度により摩擦が発生することなく、マッサージの効果を上げます。

 

高い保湿性から、アンチエイジング化粧品にも応用されています。

 

他にも、セルフで化粧用品などをつくられる方が使用します。

 

シア脂

 

シアバターは天然由来の植物性油脂です。

 

とても高い保湿効果があることから、いまや世界中の人に使用されています。

 

シアバターに含まれる多くの脂肪酸が人の皮脂と科学的に構造が似ており、肌に馴染みやすいことが深く関係しています。

 

水酸化ナトリウム

 

水酸化ナトリウムについては、アルカリ性の温泉を思い出すと解り易いかと思います。

 

アルカリ性なので、皮膚を構造する蛋白質を溶かす作用があります。

 

また、皮膚を柔らかくする効果があります。

 

これにより柔化を促進します。

 

そのため多くの美容品に使用されており、身近な成分です。

 

脂肪酸と混ぜることで石鹸となることは広く知られています。

 

シズカゲルには他にも美容効果の高い成分がたくさん。

 

ステアリン酸は抗酸化作用、トリテンペンアルコールは保湿性、アラントインには自然治癒力の促進の作用があります。

 

これらの作用より肌荒れ改善に期待できます。

 

さらに保湿しつつダメージを治癒するので、長期的な乾燥肌対策ができます。

 

カロチノイドは皮膚や粘膜の再生を助け、荒れてカサカサになった肌を健康な状態に戻します。

 

トコフェロールは天然のビタミンEで、こちらも良く知られた肌老化の防止効果があります。

 

公式サイトでも成分の確認を。

 

いかがだったでしょうか。

 

シズカゲルの公式サイトでも成分の確認ができますので、一度ご覧になってみてくださいね。

 

⇒シズカゲルの詳細はコチラ

 

.