シズカゲル シミ

シズカゲルはシミに効果があるか種類ごとに調べました

シズカゲルはシミに効果があるか種類ごとに調べました

 

シズカゲルで効果が期待できるシミと効果がないシミの違いは?

 

シズカゲルを使用してシミ、くすみ、ニキビ跡が改善したという女性は大勢、存在しますが、シズカゲルは美白クリームであって、医療行為という訳ではありません。

 

ですから、全てのシミに対して有効な訳ではなく効果が実感しにくいシミもあります。

 

シズカゲルで効果が実感しやすいシミとそうではないシミはの違いはどこにあるのか、ここでは説明していきます。

 

⇒すぐにシズカゲルの詳細を見る

 

 

シズカゲルの効果が実感しやすいシミとは

 

炎症後色素沈着

 

炎症後色素沈着とは、皮膚の炎症によりメラニンが作られてメラニン色素が皮膚内に沈着してしまったモノです。

 

ニキビ、火傷、日焼けが原因で出来やすいシミと言えます。

 

炎症度合いにより消えやすいモノとそうではないモノとがありますが、美白化粧品でのケアは有効と言えます。

 

他にも炎症後色素沈着に効果的な成分には、アルブチン、ビタミンC誘導体があり、シズカゲルと併用すると効果がアップします。

 

ですが、日焼けをしたら炎症が悪化するリスクがあるので、紫外線対策をきちんと行うようにして下さい。

 

老人性色素班

 

シミで悩んでいる人の大半が老人性色素班が原因のシミです。

 

加齢、紫外線により出来てしまうもので、直径数ミリから数十ミリ程の大きさのシミです。

 

老人性色素班は、新しくメラニンを作らせないこと、肌のターンオーバーを正常化させることが改善に繋がります。

 

シズカゲルに配合されているカンゾウフラボノイドには、シミの原因であるメラニン色素を増加させるチロシナーゼと呼ばれる成分が配合されています。

 

この成分は、紫外線が原因となる色素沈着を抑制する効果が期待できます。

 

老人性色素班というのは紫外線を多く浴びることで形成されて、その後に何年も経過している場合や強い炎症を受けた場合は、改善するのに時間が必要となります。

 

出来るだけ早く対策することが重要です。

 

シズカゲルであまり効果が期待できないシミ

 

ソバカス(遺伝タイプ)

 

ソバカスは遺伝が原因のモノと紫外線が原因で後天的に出来るモノとがあります。

 

遺伝によりできるソバカスは思春期に濃くなる傾向があり、その後大人になるとだんだん薄くなります。

 

ですから、大人になってもソバカスが薄くならない人は、後天的な理由でソバカスが濃くなった可能性があります。

 

遺伝が原因で出来たソバカスは基本的に改善するのは難しいと言えます。

 

ですが、後天的に出来たソバカスというのは他のシミと同じく、紫外線対策を行いメラニン色素が作られるのを抑えて、肌のターンオーバーを正常化すれば改善できます。

 

そしてシズカゲルはシミ、ソバカスを予防する美白クリームですので、後天的に出来たソバカスに対しては有効と言えます。

 

肝斑

 

肝斑とは女性ホルモンの影響により出来て、両頬左右対称なモノが多いのが特徴と言えます。

 

妊娠、出産、更年期、ピルの服用が原因で肝斑となるケースが多く、普通のシミと比べてケアしにくい傾向があります。

 

ですが、紫外線が原因で濃くなる人もいるので、肝斑も他のシミと同じくメラニン色素をターンオーバーにより排出させることと、紫外線対策をすることで、シズカゲルのケアも一定の効果は見込めます。

 

シズカゲルのシミに対する効果まとめ

 

シズカゲルは医薬部外品(薬用)の効果がある美白クリームですので、老人性色素班、炎症後色素沈着といったシミに対して継続的に使うことで効果がしっかり期待できると言えます。

 

シズカゲルの美白効果を挙げると

 

・メラニン生成を抑えてシミを予防する

 

・肌のターンオーバーを正常化する

 

その美白効果にプラスして紫外線対策をすることでシミを薄くすることが出来ます。

 

ですので、シズカゲルを根気よく使用してコンプレックスのシミの改善を目指してみてくださいね。

 

⇒シズカゲルの詳細はコチラ

 

.